• 3web制作会社ができること

    web制作会社が出来ることはどの程度のことまでなのでしょうか。
    今たくさんのホームページへのアクセスというのは、ほとんどの人が検索エンジンを使って検索した結果を表示させてアクセスしています。
    この検索したときの結果の上位に自分のサイトがないと、せっかくお金をかけて作ってもらったサイトであっても誰も見てくれませんので、これはまったく意味がありません。
    お金を出して依頼したweb制作会社が作成してくれたサイトなのですから、せっかくですから、検索をしたときの検索結果の上位に上がるようにしてもらいたいですよね。
    まず、web制作会社は、webサイトを作るのはもちろん、別料金で、検索結果の上位に上がるようにしてくれます。
    そして更新をしてくれたり、アクセス数を増やすように色々と仕組んでくれたりもします。
    これは専門用語でいえばSEOといって検索エンジンでサイトを上位に表示させるにはSEO対策をしなければいけませんが、web制作会社がコンテンツや、リンク、タイトルタグなどをいじって検索結果の上位に表示されるようにしてくれます。
    サイトを作るだけでも依頼できますが、その後検索結果の上位に上がるようにSEO対策をしてもらったほうがサイトのアクセスが伸びますので、そこまで依頼するといいでしょう。

    No Comments

    Edit

  • web制作会社がする仕事
    web制作会社はどんな仕事をするのか、具体的な仕事を調べてみました。
    web制作会社はweb制作の依頼を請け負って作っていくお仕事です。
    大きな企業の公式ウェブサイトのデザインやシステム構築を請け負うこともあれば、ショッピングサイトの立ち上げをサポートする場合もあります。
    カットサロンや居酒屋など、小さなお店のホームページを手掛けることも多いですね。
    web制作を専門の業者に依頼するのですから当然費用がかかりますので、個人の趣味のサイトで利用する人はまずいないでしょう。
    具体的には会社のPR、製品紹介、スタッフ紹介などです。
    どんなコンテンツを盛り込んでいいかクライアントが分からない場合は、web制作会社から提案することもあります。
    また、元々あったウェブサイトに手直しSEO対策を施す場合もありますが、SEO対策は一からサイトを立ち上げたほうが簡単なようです。
    大きな会社だと仕事を受注してくる人、クライアントと打ち合わせをする人、デザインを作成する人、画像編集をする人、デザインをコーディング化する人、仕事を統括して指揮を取る人と細かく分かれています。
    しかし、規模が小さければ小さいほどいくつかの職種を兼任しなくてはなりません。

    No Comments

    Edit

  • web制作はSEO対策知識が大事
    既存客のために用意するサイトならともかく、新規顧客を獲得するためのツールと考えているならSEO対策は大事です。
    しかし、どんなにレイアウトに優れたホームページを作れるweb制作会社でも、SEO対策が完璧にできるとは限りません。
    SEO対策にはキーワード密度、タイトルタグやアンカータグなどを意識しなくてはいけません。
    どんなことが検索エンジンのスパムになるかも理解しなくてはいけませんね。
    ところが無意識にスパムに掛かってしまうことをしてしまうこともあるのです。
    ペナルティを課せられないためにも、せめてスパム行為については理解する必要があります。
    また、HTMLやCSSも正しく使うことができないと、SEO的にも不利になります。
    プロだから完璧と言うわけではないので、もし外注する場合はSEO対策を得意としているweb制作会社を選ぶと良いでしょう。
    依頼する側も、少しはSEOに対しての知識を持ったほうがいいですよ。
    ただ、どんなに綿密にSEO対策を行ったからといっても、ランキングはすぐに上位になるわけではありませんし、あまりSEOばかりとらわれすぎるのもいけません。
    最低限のことを行って、後はサイトの充実を考えた方が良いでしょう。

    No Comments

    Edit

  • web制作の流れ
    webサイトの制作の流れを簡単にまとめました。
    自分で制作しようという人は、参考にしてみましょう。
    ≪準備段階≫
    まずはどんなウェブサイトにしたいかを決めることから始めます。
    ・ウェブサイトのテーマ、コンセプトを考える
    ・自社の売りは何か、もしくは何を伝えたいかを考える
    ・ターゲット層を決める
    ・情報収集と整理
    ・レンタルサーバー選定、ドメイン取得
    ≪サイトの作成≫
    考えがまとまったら、次は制作に掛かります。
    ・ウェブサイトの設計図を作成する
    ・画像など必要な素材を集める
    ・トップページのデザイン
    ・ロゴデザイン、レイアウトなど
    ≪デザインを確認≫
    デザインやレイアウトが決まったら、HTMLを作成します。
    実際にブラウザで確認をし、おかしくないかチェックしましょう。
    ≪サーバーへファイルを転送≫
    FTPソフトを使ってファイルを転送すれば、公開ができます。
    アクセス状態に応じて、SEO対策も行います。
    ウェブサイトによってはもっと必要なことも出てきます。
    サイトに載せる画像もカメラマンを使って撮影することもありますし、コンテンツを充実させるためにflashを使うこともあります。
    それぞれの目的に合わせて、web制作を充実させましょう。

    No Comments

    Edit

  • web制作会社にホームページの作成を依頼した場合、実際どのような内訳となるのか、確認することは重要です。
    また、全体の概算を確認することも大切なポイントです。

    ホームページ全体を委託する際、だいたいのweb制作会社がトップページやロゴ、タイトルのデザイン費用、文章を含めたページ制作費用、ページを構成する費用などが必要経費として算出されます。
    こうした製作費は、家の建築などとは違い材料費ではなく人件費によって変動があるため、費用の相場が不透明になりがちです。

    その他にも、個人情報を送信するフォームをホームページ内に作りたい場合、セキュリティに関したスクリプトを組む必要があります。
    あるいは、自社にサーバーを構築し、自社サーバーにホームページを開設する際には、サーバー設置費用がさらにかかります。

    このように細かく作業を追加していけば、費用はどんどんとかさむものであり、出来上がりの制作費用が予算をはるかにオーバーしてしまう、という可能性があります。
    そのため、全体の概算を算出しておき、その予算内でどのように制作してもらえるのか、事前に確認しておくことが重要です。
    また、譲れない条件と妥協できる条件を確認しておくことにより、予算内で収まらない際の対処も考えておくことができます。

    ホームページ制作

    No Comments

    Edit